« 掲載100回目を迎えて・・・。 | トップページ

2017年10月13日 (金)

4年ぶりのブログ更新です。

4年ぶりにブログを書きます。

 

理由は、心に少しゆとりができた事もありますが、最大の理由は、中国製造業が日本に進出して来たというニュースを知って、もう書かずにはおれなかったというのが実際の所でございます。

 

皆さまは、既にこのニュースをご存知でしたでしょうか?

 

しかも、弊社のすぐ近くである大阪市の生野区という所に工場があるらしいのです。

 

この工場では、歯ブラシや髭剃り機の掃除用のハケなどを製作しておられるのですが、いったい何の為に進出して来たと思われますか???

 

人件費が逆転し始めたのか???

 

工場用地が安く買えるのか???

 

それともM&Aで日本企業を買収したのか???

 

でも、日本で作る方が高くなるはずなのに・・・。

などなど、色々と考えていたのですが、答えを聞いて、更にビックリ!!

 

それは、Made in Japanというブランド名を付けたいが為・・・。

ただそれだけの理由でありました。

 

聞けば、中国では、Made in Japanと表記するだけで、価格は2倍にも、3倍に膨れ上がり、中国国内からの注文が絶えないそうです。。。

 

何じゃそりゃ???と耳を疑いたくなりませんか?

 

しかも、その会社の代表いわく、「今後、更に進出をしてくる中国企業は増えるでしょうね。」ですって。。。

 

ふざけるにも程があるやろ!と憤慨する気持ちと、私が数年前にこのブログの中で訴えきた、Made in Japanの安心・安全・長持ちという製品を、世界中の富裕層に向けて、高い価格で売ればいいのです。」という事が、他国の人によって実践されている事が何より許せないのです!

 

日本の大企業はほんまに馬鹿です!

 

日本の政治家も本当に馬鹿な人達ばかりだな。と、もう遠慮なく書かせて頂きます。

 

何が解散総選挙ですか???

 

600億円もの選挙資金を平気で無駄に使えるのなら、中小製造業の設備投資無償化に投資するなどして、国家の礎である、「技術力のある企業を国として守れよ!」と声を大にして言いたいです。

 

弊社も、ここ数年、中国企業の安さを使わせて頂くしかなく、本意ではない中でお付き合いをさせて頂いておりますが、やはり、はっきりと見えてきたのが、「5~15ミクロンの細かさを修正できるのは日本人だけであり、海外の方々は、機械任せの加工領域である15~30ミクロンの精度でしか製造できない。」のだという事で、無人成形や高精度が必要な製品を製造する事は、国民性から見ても不可能だと感じます。

 

これも過去のブログに書いておりますが、日本人がその精度領域が製造出来る様になった理由は、単純に、この精度領域の製品しか日本に残っていなかったからであって、未だ精度領域の甘い製品が目の前にあれば、技術力は伴わないという事なのです。

 

まくし立てる様に一気に書いて少しはスッキリしましたが、(意地でも負けるか!)と思わせてくれる今回のニュースでした。

 

ここ数年、弊社も非常に苦しい事は沢山ございましたが、社員の皆さんの頑張りのお陰で、経営的にも非常に好転し始めており、儲ける仕組みが整って参りました。

 

絶対に負けない!

 

絶対に幸せにする!

 

絶対に幸せになる!

 

これしか考えておりませんが、とにかく良いサービスをお客様に提供して儲けてやる!と心に決めて日々精進しております。

 

2017年も残り少ないですが、懸命に頑張ります!

 

|
|

« 掲載100回目を迎えて・・・。 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136154/65911409

この記事へのトラックバック一覧です: 4年ぶりのブログ更新です。:

« 掲載100回目を迎えて・・・。 | トップページ