« 厚揚げとお豆腐 | トップページ | (あなたの)を付け加えると・・・。 »

2013年4月 1日 (月)

能力×考え方×熱意

4月になりました。

桜の花も満開で、朝の散歩が非常に心地よい季節になりました。

毎年美しい桜を眺めながら、
「来年はいったいどんな心境でこの桜を眺めているのだろうか?」
「企業として、絶対に成長する1年にしてやろう!」
「この1年、家族が元気で、子供たちはどれ位成長するのだろうか?」
などと考えている自分が存在致します。

1年でたった2週間ぐらいしか見ることのできないものだけに、余計に感傷に浸れるというか、美しく咲いては散り、また1年後に美しく咲き乱れ・・・というものに、どこか生への美を感じるからこそ、人は昔から桜を愛するのだと思います。

ところで、3月にお約束したお豆腐屋さんの情報ですが、“並河の豆腐”と店先に書いてありました。

ただ、2点お詫びと訂正なのですが、久々に3月にご訪問した際に、再度色々とお話した結果、ご主人が健在であること、ご年齢が80歳位ではなく、70歳以下であることが判明致しました。

話の流れから、私も妻も、勝手にご主人がお亡くなりになられたと勘違いしたようで、ご年齢の件を含めて、この場にて訂正をさせて頂きます。

ただ、やはり厚揚げとお豆腐は抜群のおいしさで、きめ細やかな食感と味わいは、間違いなくこれまででナンバーワンでございました。

話題を変えますが、3月はスポーツが目白押しで、WBCやサッカーワールドカップ予選が行われ、高校野球、Jリーグ、プロ野球が開幕致しました。

WBC台湾戦の時には、私は九州で定年退職者の方々の送別会だったのですが、レジでの支払いの際にテレビがあり、得点は2-3、9回表ツーアウト、ランナー一塁、バッター井端のところでありましたので、社員とも、「なんや負けやん。」と言って2次会に向かいましたので、夜中にホテルに戻って結果を知った時には本当に驚きました。
(もうちょっと見とけばよかった~と後悔でした。)

決勝ラウンドの準決勝でプエルトリコに敗れたのは残念でしたが、まぁ、あのメンバーではよく頑張った方だと感じます。

サッカーでは、ヨルダン戦でまさかの敗戦を喫しましたが、決めきれない、自分で決めようとしない日本のチーム体質が、敗戦の大きな原因であったように思います。

高校野球では、済美高校の2年生エース安楽君が152キロを記録しましたが、ニュースで見ても高校生離れした球威に驚きました。

最近の若者は、とんでもないポテンシャルを持った選手が多く存在し、あらゆるスポーツ界で大活躍しておりますが、これはやはり、世界で活躍する日本人が増えたことが大きな要因であると感じます。

プロ野球界では、高卒新人の大谷君や藤浪君が開幕1軍登録されましたが、フレッシュな若者が怖いもの知らずで一生懸命プレーする姿は、親世代の私にとっては、わが子を見つめるような心境で、心から応援してしまいます。

2人の息子にもよく話をするのですが、ある程度のプレーができるようになった中で、監督は何を基準にレギュラーメンバーを決定するのか?

これって難しい部分も存在するのでしょうが、会社でも、日本代表でも、人が人を選ぶ訳ですから、好みが存在するのは当然の事かと思います。

息子と話をしていても、「監督は○○をひいきし過ぎている。」、「なんであいつが選ばれて、自分が選ばれへんのか分からへん。」などとぼやく時がございます。

そんな時、私は常に言うのですが、「監督は絶対の存在。もし監督批判をするのならチームを辞めろ!監督も人間なのだから好みがあって当然。お前を使いたい、使ったら勝てるというような絶対的なプレーを見せ続けるしかない。」

「同じようなプレーができる人間が複数人いて、その中で選出するのは、勝ちたいという気持ちとか、仲間に対する思いやりとか、ここ一番の踏ん張り方とか、全ては純粋で前向きな気持ちの強さと違うのか?」

「好きでやってるんやったら、自分が人より勝ることを見つけて精一杯やり続けろよ。何事も続けることに本当の意義があって、やり切ったことはお前の人生で必ずプラスになるから。」と何度も何度も言い聞かせております。

以前にも書いた青春の時間の少なさの話と合わせて、まだよく理解してくれている方ですので、2人とも私の学生時代とは比較にならないほど頑張っていると、親としては認めております。

尊敬する稲森和夫氏の著書“生き方”の中に次のようなことが書いてあります。

人生の方程式は、人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力である。

私はこれを読んだ時、本当に驚き、感心致しました。

私が社員や息子に感じていたこと、言いたかったことを、たった一つの方程式だけで表現して下さったのです。

たとえ能力が100でも、考え方が50、熱意が10なら、答えは50000で、能力が50、考え方100、熱意100なら、答えは500000となり、10倍の答えとなるのです。

何事も能力だけではない、また考え方だけでもない、最後はその人の熱意次第なんだと・・・。

この方程式で、もし熱意が0であれば、答えは0でしかありません。

私は中小企業であってもこの考え方を貫き、答えの大きな人を評価し、登用しながら組織化していきたいと考えております。

中小企業では、とかく実力者に頼りがちとなる傾向が強いものですが、上司には能力だけではない考え方と熱意を訴え、強固な組織作りを目指したいと考えております。

お客様にご満足頂ける企業、社員が幸福と満足感を得られる企業となることを目指して、決してあきらめることなく挑戦を続けて行く所存であります。

“人は自ら経験したことしか伝えることができない。”

仮に経験していないことを語っても、それは決して人に伝わるものではありません。

私が息子に語れるのも自分の経験談だけであり、上司が仕事上のトラブルの対処を教えることができるのも経験したことでしか伝えられないものなのです。

ということは、何にでも積極的に挑戦する、挑戦させるしか道はなく、トラブル対処などは部下を巻き込んで経験させるのが最も早い育成方法だと感じます。

社内では、若手を採用→育成するということがなかなか思うように進みませんが、もう少し泥臭く付き合ってあげなければ、現在の若手は育成できない時代だと感じております。

まぁ、とにかく様々な課題が山積しておりますが、熱意だけは失わずに何事にも取り組みたいと思います。

皆様方も、この暖かく動きやすい4~6月が、今期の勝負の分かれ目だと思って積極的に行動なさって下さい。

動くと必ず課題が見え、早く気付けば早く修正することが可能ですので・・・。

まだまだ大量の花粉が飛散し、PM2.5もひどい状態ではございますが、体調管理だけは充分にお気をつけ下さいませ。

それでは、4月度はこれにて・・・。

|
|

« 厚揚げとお豆腐 | トップページ | (あなたの)を付け加えると・・・。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136154/57061316

この記事へのトラックバック一覧です: 能力×考え方×熱意:

« 厚揚げとお豆腐 | トップページ | (あなたの)を付け加えると・・・。 »