« 「ならぬものはならぬ」 | トップページ | 能力×考え方×熱意 »

2013年3月 1日 (金)

厚揚げとお豆腐

3月に突入しました。

2013年も、早くも2か月が経過したのですね。(はぁ~・・・。)

3月は、当社も期末を迎えるわけでございますが、やるべきことがあまりに沢山あり過ぎて、頭と体が3つずつ欲しいと感じている今日この頃でございます。

2月度は、時に息子のサッカーを見ては、自らの心を癒しておりました。(色々あり過ぎて、かなり煮詰まっておりました・・・。)

お陰様で仕事の方は、昨年の秋以降かなり忙しい状態をキープさせて頂いており、経営内容としては、ここ数年で最も安定した状態へとなって参りました。(一重に、ご支援を頂けておりますお客様と社員の努力のお蔭様であります。本当にありがとうございます。)

残る課題は、時に乱れが生じる日程対応面での社内混乱の平準化でございますので、4月度以降の新体制下で、各社員の作業の見える化をさらに浸透させ、協力外注先との連携を強化しながら、無理なく捌いていける体制作りを早期に目指したいと考えております。

(当社取扱い金型において、品質が守れる金型メーカー様、設計、CAM、MC、ワイヤー、放電、磨きの専門のお会社様など、もしもご協力頂けるようでしたら、ホームページ→お問い合わせからメールをお送り下さいませ。後日、責任者より連絡をさせて頂きます。)

ここ数か月、何度も書いて参りましたが、金型メーカーの淘汰が進行したことや、中国との領土問題などで、金型の需給バランスが逆転し始めていることは間違いのない事実であり、コスト面、納期面の無茶な要求に対しては、「これは無理です。」と、はっきりとNOが言えるようになって参りました。(業界としてNOを言わなければ、金型業界に従事する大事な技術者、ひいては当社の大切な社員が潰れてしまいます。)

当然、理由として納得できる内容、先の受注に繋げて頂ける内容、お客様の状況や心理がよく理解できる内容に関しては、従来と変わらず、全社員一丸となって全力で対応をさせて頂くことに変わりはございませんので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

ところで、中国からのPM2.5の飛来は、本当に恐ろしいですね。

PM2.5とは、2.5マイクロメートルの大きさで、肺などの呼吸器に入る微小粒子状物質のことらしく、その代表がディーゼル排気微粒子などで、がんや喘息の主原因とされており、これは非常に大きな問題だと感じております。

中国の大気汚染事情は、過去60年間で最悪ということで、先の1月度における結果では、光化学スモッグが発生しなかった日が、たったの5日間であったということでありました。(恐ろしい環境汚染レベルです。)

ニュースで聞きましたが、いまだ日本製品の非買運動が行われているにも関わらず、日本製の空気清浄器はバカ売れ→在庫切れしているという状況だそうで、それなら数倍の価格にして売ってあげればいいじゃないか!!と腹立たしく思えてしまいました。

やはり、いくら急激に経済が発展しても、真の国民としての人質が伴うまでには、あと20年近くはかかってしまうのでしょうね。(経済発展→国民性の向上、安定には20年は要するのでしょう。日本も全く同じ道を歩んできたのですから・・・。)

ちなみに、花粉は8~10マイクロメートル、黄砂は4~6マイクロメートルということで、花粉に黄砂とPM2.5が引っ付いて飛来しているそうですので、やはりマスクは絶対に必需品とのことですよ。

話は変わりますが、北朝鮮がまたまた核実験を実施しましたね。

よく考えてみれば、アメリカなどの大国には保有が認められているわけで、「なんでわれわれだけが保有するのがダメなのか?」という思想への理解はできなくはないですが、核保有が外交交渉の切り札、戦争の抑止力になっているという世界の現実に改めて怖さを感じてしまいます。(人間社会で何が正しいのか?なんて考えること自体がナンセンスなのでしょうか。)

北朝鮮の背後には、アメリカを超えたい中国の野望が見え隠れ致しますが、成熟していない眠れる国を経済力だけで活気づけてしまった責任は、日本にも大きく存在すると思います。

あ~。行き着く先、人類は自らの手でこの地球を滅ぼしてしまうのでしょうかね???

こんなことを考えていたら、人間であることが本当に嫌になってしまいますので、話題を切り替えて、人が好きになるような話に変えたいと思います。

私が、毎月、伏見稲荷大社を参拝していることは何度か書いてきたかと存じますが、昨年の参拝の折に、東福寺の方へぶらりと散策している道中で、小さな老舗のお豆腐屋さんを見つけ、立ち寄ったことがございました。

お歳は80歳ぐらいのお婆さんだったのですが、ご主人が亡くなられたあと、自分一人でお店を守っているんだ。ということでございました。

「朝4時頃から仕込みを始め、夕方まで働いて、自分一人分のご飯を作って食べて寝るというような毎日でね。」と話しておられ、「でね、しんどい仕事の割にぜんぜん儲かるような仕事でもないから、娘が3人いるんだけど跡を継いでくれとも言えず、私の代で辞めようと思ってるの・・・。」と話しておられました。

でも、どこかにこやかで、「おばさん。何が一番おいしいの?」と尋ねると、「ステーキソースでも食べられる大きな厚揚げとお豆腐かな?」とにっこりと答えて下さり、「豆腐ちょうだいと言って、ここで醤油をかけて食べて行く人もいるし、電話でお取り寄せの人も大勢いるのよ。それが楽しくてね。」と語っておられたので、妻とそれを買い、さっそくその夜、刻みねぎを沢山のせた生姜醤油と、おばさんお勧めのステーキ風の味付けを施し、豆腐は湯豆腐にして家族みんなで食べてみました。

まあ、なんとおいしかったこと・・・。

驚きました。

がっつり食を好む息子たちも、あっさり食を好む私たちも、どちらも大満足で、私が食べてきた厚揚げとお豆腐の中で、44年間で一番おいしく、そこに昼間のお話も手伝って、涙がでそうになりました。(食べるだけで心が伝わってくるというか、丁寧に作っておられる生地の細やかさが本当に心に染み渡りました。)

なんで、こんなに頑張っている仕事が儲からないのか?

こんなにおいしい日本の伝統的製法の食べ物が消えてしまってもいいのか?と、腹立たしく思えたと同時に、それでもニコニコと、おいしいと言ってくれる人のために頑張っておられるお婆さんのひた向きな姿に、本当に感動を致しました。

とかく、幸せの価値をお金にだけ置き換えているわれわれ現代人に、人間としての大切なものを教えて下さっているような・・・そんな気が致しました。

お店の名前は忘れてしまったのですが、次回訪問後に必ずブログに書かせて頂きますので、皆様もぜひ立ち寄り、一度食してみて下さい。(おそらく涙が出ますよ・・・。)

まだまだ寒い毎日が続いておりますが、今月中旬頃にはそろそろ春を感じられることでしょう。

私は、暖かくなるにつれて、頭と心をリフレッシュして、積極的に営業活動に動き廻ります。

働くことでのお金以外の幸せの価値感を自分なりに探してみたい・・・。そんな気分です。

今月は、WBCにサッカーに、スポーツでも盛り上がりそうです!!

それでは、3月度はこれにて・・・。

|
|

« 「ならぬものはならぬ」 | トップページ | 能力×考え方×熱意 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136154/56857309

この記事へのトラックバック一覧です: 厚揚げとお豆腐:

« 「ならぬものはならぬ」 | トップページ | 能力×考え方×熱意 »